ジムニー徹底ガイド

スズキジムニー

 

 

新型ジムニー画像

 

 

 

新型ジムニーメニュー

 

 

ボディ編

 

ボディサイズは、もちろん軽自動車サイズですが、スクエアなフォルム、重量感をデザインしたパネル面によって、ナンバープレートがイエローでなければ軽自動車だとは思えないほどの迫力があります。

 

前後フェンダー部はプレスラインの凹凸を用いてホイールアーチを強調していますね。

 

 

スタイル編

 

ジムニーに求められるオールマイティナ性能、機能性をデザインしたエクステリア。

 

そのポイントは3つあります。

 

まずは車両のスタンスや周囲の状況を把握しやすいように、スクエアなフォルムとしたこと。
Aピラーは先代よりも傾斜を強め、シンプルなピラーデザインによって、FRべースであることを強調。
さらに前席からは全てを確認できるボンネット、前方をクランクさせたベルトラインによって優れた視界を確保している。
ふたつ目はタフさを表現するためパネル断面に用いた技法の数々。

 

複雑なラインを用いて力強さをデザインするのではなく、鉄板を曲げた際にできる自然なRなどを用いることで、力強く飾らぬとも厚みを感じさせる形を作り上げている。

 

例えばピラーもそうだし、ボンネットのクラムシェルデザイン(貝を伏せたようなデザインで、以前のジムニーやエスクードに採用されてきた)もそのひとつとなっている。

 

また、シンプルな面構成は、雪が積もりにくいといつたメリットも生んでいる。
そのほか、特徴的なところとしては前後バンパー、シェラではオーパーフェンターとサイドアンダーガーニッッシュをボディ非同色とし、プロテクターとしての機能性をアピールしていることも挙げられる。
3つ目は走行性能、積載性能をデザインしたこと。

 

オフロードでヒッ卜しにくいボディスタイル、タイヤ交換がしやすい台形のホイールアーチ、ルーフを広く使うことで積載性を高めたドリップレールの採用など、まさにジムニーらしさをデザインしている。

 

インテリア

 

インテリアもエクステリア同様に、ジムニーに求められる機能性を実直にデザインしており、先代よりも華美なテイストが抑えられたといった印象があります。

 

そのポイン卜は3つだ。

 

ひとつめ
クロスカン卜リーモデルとしての力強さ、走りに求められる?能性をデザイン。

 

力強い基本骨格構造をベースとして、インパネは水平基調を採用して車両スタンスを把握しやすくした。

 

ドア内側パネルも|文字アームレス卜や前方をクランクさせたべル卜ラインなど、シンプルなラインを用い、さらにドアパネル下部はボディパネルを見せたデザインとした。

 

 

ふたつめ
視認性や操作性をデザインしたこと。

 

メーターはシンプルなデザインとして、さらに自発光式としたことで、林道などの暗いシ?ンでも視認性をアップさせている。

 

操作系はセンタークラスターに集められ、エアコン操作ダイヤル、制御系スイッチ、ナビ&オーディオと、機能ごとにゾーン分けされた造形とした。

 

ちなみにパワーウインドスイッチも、センタークラスターに配置された。

 

3つめ
カラーリングとテクスチャーを用いた機能性の表現。

 

インテリアカラーをブラックとし、ムダな色合いを使わず、必要最低限の加飾パネルを組み合わせることで、操作性、視認性を高めている。

 

また、耐傷付き性、汚れ除去性を特徴としたシボを採用し、インパネ上部は横基調で、カニカルかつ緻密さを感じさせるシボ柄、助手席の前にあるグリップやエアコン操作ダイヤル、スイッチには、傷が目立ちにくく、グリップ性の高いシボ柄を採用しています。

 

 

 

メカ&装備

メカニズムについては、ジムニーシリーズであるために不可欠なハードウエア、つまり、ラダーフレーム構造、 前後リジッドサスぺンシヨン、パー卜タイム4WDを進化させつつ、そこにスズキの最新技術を組み合わせた。

 

エンジンは、ジムニーにはスズキの軽自動車に採用されているR06A型660CCタIボ、シエラは新開発のK15B型1500CCのノンターボエンジンを搭載。

 

卜ランスミッシヨンは、これまで通り5MTと4ATが用意され、?動方式はローレンジを備えたパー卜タイム4WDを採用。

 

サスペンションは、形式こそ先代と変わらぬリンク式コイルリジッドで一部パーツも流用されているが、乗り心地とハンドリングを向上させた。

 

さらに、ステアリングダンパーを新たに装備したことで直進安定性を高め、さらにオフロードでのステアリングへのキックバックを低滅している。

 

新開発を謳うラダーフレームは、X形状としたXメンバーを含めて新たにクロスメンバーを加え、ねじり剛性を先代よりも1.5倍アップ。

 

また、シャーシ制御として新たにヒルホールドコントロールやヒルディセン卜コントロールを装備。

 

そして疑似LSD効果を期待できるブレーキLSDトラクシヨンコン卜ロ ?ルによって、悪路走破性をさらに高めている。
ラゲッジルームは、段差があった先代とは異なり、フラットフロアを実現。

 

リアホイールハウジング上のアームレスト(カップホルダ?付き)が取り除かれ、フェンダー部まで使える荷室を手に入れています。

 

 

 

新型ジムニー 価格表
グレード エンジン 駆動 トランスミッション 価格
XG

660cc
直3DOHC
ターボ

4WD

5MT

145万

4AT

155万

XL

5MT

158万

4AT

167万

XC

5MT

174万

4AT

184万

 

新型ジムニー 主要諸元表
グレード XC
乗車定員 4人
駆動方式 5MT/4MAT
トランスミッション 0
全長×全幅×全高 3395×1475×1725
ホイールベース 2250mm
最低地上高 205mm
車両重量 1030mm
最小回転半径 4.8m
エンジン種類 直3DOHCターボ
総排気量 658cc
最高出力 64ps
最大トルク 9.8kg-m
WLTCモード燃費 16.2m/L
使用燃料 レギュラー
タイヤサイズ 175/80R16

 

 

 

 

 

ジムニー競合車

 

スズキジムニーの商談の時に使える競合車をご紹介します!

メーカー 車種名
三菱 パジェロミニ
ホンダ エヌボックス 値引き
ダイハツ キャスト