ジムニー納期

スズキジムニー納期期間

 

 

 

新型ジムニーの人気は凄まじく、このページを書いている2018年8月現在での納期は2019年にずれ込んでおり、乗れるのはいつになるのやらといった感じです。


 

 

2018年8月現在のジムニーの納期・納車情報

 

 ジムニー納期 8月契約の場合

最短でのジムニーの納期は約1年

 

平均でも約1年以上となっており、納期としてはかなり待たされている状態です。

 

よって8月に契約すると年越しなる見込みです。

 

 

最近のジムニーの納車の状況

  • 2018年7月30日契約→2019年8月頃 納車予定 

 

(次の納期情報は2018年9月頃に更新)

 

 

 

ジムニーの納車を早くするための4つのポイント

 

似たような例を挙げるとホンダS660ですね。実際に納車までかなり時間がかかったし、それ以外のクルマでも納期が半年以上待ちという例は多いです。

 

実際はいくらか増産されますし、キャンセルも少しは出ますので、現在のアナウンスされている納期よりもスピードアップすることがほとんどです。

 

 

 

少しでも早く納車するための方法をご案内します。


 

 

 

グレードやボディカラーを選ばない

 

「グレードやボディカラーを選ばない」だ。人気が出そうなモデルの場合、スズキもそれを予想して発表前から作り始めて在庫をストックしておいて対応しますが、どうしても見込みと生産台数にズレが生じてしまいます。

 

超人気モデルだとほぼ間違いなくオーダーが入るので、人気グレードに対して不人気グレードというのは生まれにくいのですが、それでも多少の人気の差は絶対に出てしまいます。その少しだけ不人気なグレードやボディカラーを狙うわけです。

 

実際にジムニーでもそれは発生していて、8月の時点で、年内に納車できるタマがあるかも・・・との話でした。スズキに対して見越しで発注するため、このパターンはディーラーでも起こるというわけです。

 

 

値引きはゼロを覚悟

残念ながら早く買うためにはユーザーからは一切値引きを求めない姿勢が鉄則になります。

 

上記でご紹介したように、地域のディーラーを統括するいわゆる販社も大量オーダーをスズキに発注し、それを順次納車していく。100%とは言えませんが、普段からそのメーカーを乗り継ぎ、特定の担当者とコミュニケーションがあれば、納車順を繰り上げてもらえる可能性があります。

 

 

試乗車を買う!

 

新車にはなりませんが、最も手っ取り早いのがジムニーの試乗車です。

 

人気車種でも試乗車は数台置いてある場合が多いです。そのクルマを狙うというか、営業マンにお願いして売ってもらうというのも手で、実際に試乗車を買ったという人も大勢いらっしゃいます。

 

ただ、販売店に行くと新型ジムニーが目立つためか、「このクルマが欲しい」と、同じことを営業マンに言っている人を見かけますね。

 

 

 

新古車(未使用車)を買う!

 

納車まで1年も待てないよ!
今すぐに乗りたい!という方は・・・約1週間程度ですぐに納車される ジムニー 新古車がおすすめです。